大人にきびの予防に大切なこと

バナー

大人にきびの予防に大切なこと

にきびは思春期の頃にだけできるものではありません。

確かに体の成長に伴うホルモンバランスの変化によって皮脂の分泌が過剰になるなど、思春期の年代はニキビが出来やすいのは確かですが、実は大人になってからも何度も繰り返してニキビが出来てしまうことに悩んでいる人は少なくありません。ニキビができる原因は毛穴が皮脂などによってふさがれてしまうことです。

けれども皮脂の過剰分泌だけでなく、肌が乾燥することもニキビの原因になります。

肌の乾燥が原因となってにきびができるとはとても想像がつかない気がしますが、肌が乾燥してしまうことで肌の正常な新陳代謝のサイクルが乱れ、肌の上に不要な角質がとどまるようになると、その角質が毛穴を詰まらせてその結果ニキビができてしまうということもあるのです。



にきび予防のケアと言うとべたつきや皮脂汚れを取り除く効果のある石鹸を使ってしっかりと洗顔することを思い浮かべがちですが、乾燥によるにきびができるのを予防するためには肌を保湿することが欠かせません。


そのため乾燥にきびの予防には保湿効果の高い化粧水を選ぶことが重要です。すでにできてしまっている部分には保湿化粧水をつける方法も大切です。

All Aboutの情報を幅広く扱っているサイトです。

できている部分に刺激を与えないように、コットンを使ってつけるときにはそっと押えるようにしてつけます。



勢いよく肌に叩き込むようにしてつけるとニキビを刺激して悪化する可能性もあるので、あくまでも優しく丁寧に肌の奥に成分を届けるようなつもりでつけるようにします。


Copyright (C) 2016 大人にきびの予防に大切なこと All Rights Reserved.